フロントガラスの飛び石キズの補修について

ガラスリペア

運悪くフロントガラスに飛び石が当たってキズができた場合
放置しておくと、キズが広がりガラス交換が必要となる場合があります。
また、状態によっては車検が通らない場合があります。

キズが広がる主な理由

1.気温の温度差によってガラスが膨張・収縮が起き、キズを広げて
しまう。例えばガラス製コップなどに熱湯をかけると割れる
ことがありますよね。
2.ドアの開け閉めによる気圧変化でキズを広げてしまう。
ドアを急激に閉めてしまうと、瞬間的に室内の気圧が高まり
フロントガラスに圧力が加わりキズが広がる。

飛び石キズの対処方法

ガラス交換か補修(リペア)が必要です。
1.ガラス交換
ひと昔であれば、数万円で交換できたのですが、最近の車は
フロントガラスに、ドライブレコーダや衝突安全装置等が装着
されておりガラス交換すると十万円以上になると思います。
高級車や外車ですと目玉が飛び出るほど高額になるのではないでしょうか。
2.補修
キズの部分に特殊な樹脂(紫外線で硬化する液体でレジンと言います)をキズの
内部に浸透・充填して補修する方法です。
どんなキズも補修できるわけではなく、一般的に500円玉程度
大きさまでなら補修範囲です。
ただし、「キズが広がらないこと」、「車検が通ること」が1番の
目的であり、仕上がりはキズの形状や状況によって変わります。
少なくとも、多少補修痕は残りますので、新品同様の仕上がりを求めている
場合にはお勧めできません。
それと、ガラスのふちから10cm以内は振動でヒビが広がりやすく、ふちまで
キズが達したらガラス交換(補修不可)となります。

キズの種類

①ストレートブレイク
比較的多く見られるキズです。
②パーシャル
二枚貝の形状のキズです。比較的キレイになり目立ちにくくなります。
ブールズアイと言う青い目のような形状もあります。
難易度としては普通です。
③ロングクラック
線上にの延びる長いキズ(ヒビ)です。
個人的には、修理経験がないのですが。難易度は高いと思います。
修理しても、どんどんキズが広がっていくかもしれません。
④スターブレイク
星のように放射上のキズです。
キズの末端まで補修剤が浸透しない場合があり難易度が高いです。
⑤表面の欠け(直径2ミリ程度)
ガラス表面が欠けたキズです。難易度も低く補修は可能です。
多くの場合キズは広がらず補修しなくても、車検は通ると思います。
⑥コンビネーション
(ストレート、パーシャル、スターブレイク混在)
スターブレイクと同様に仕上がりの難易度は高いです。

キズ全体的に言えることですが、角度によってキズが透けて見える
場合があるのと、車外から目立たなくても車内から見たとき、
キズが目立つことがあります。
なぜそうなるかは、勉強不足で正しくは説明できません。
(知っている方がいましたらコメントお願いします)
特に、運転席正面のキズは見え方が異なり、常に視界に入る場所ですので
あまり補修はお勧めしません。

当店でのサービス
当店では、ガラス交換は行ってなく、補修のみとなります、
修理時間は、1時間~2時間程度で、ご自宅や職場で補修可能です。
価格は、一か所10,000円~です。
ご依頼際には、費用、仕上がりをご説明して、ご理解の上補修させて
いただきます。
また、ヒビの中に水分やホコリが入らないように準備をお願いします。
・割れが発生、発見したら直ぐに雨等で水分が浸透しないようにビニール
テープ(セロハン、マスキングテープは×)で塞いでください。
・発生後、ガラスコーティング、撥水剤などを塗布しないでください。

※この記事は、個人的見解も含まれておりますのご了承ください。

次回は、ワイパーキズなどの擦りキズの補修について掲載したいと思います。
(時期未定、気の向くままに)

コメント